注目記事☆

飛行機や新幹線に乗る前に

文庫本買います

文庫本って、よく買いますか?

文庫本は新幹線や飛行機に乗る前に

時間つぶし系のものを買うし

ふらっと買い物ついでに寄った本屋さんで購入したりします。

 

頭がよくなる「大人のなぞなぞ」

「頭がよくなる 大人のなぞなぞ」

東京駅にて

最近、東京駅新幹線に乗る前に、結構時間が空いたので

本屋さんで久しぶりに文庫本を購入しました。

頭がよくなる 大人のなぞなぞ

帯には「思考力アップ」「発想力た身につく」とうたっており

自分のなぞなぞを解くレベルを知りたかったので

手に取りました。

内容的には、

まあ、ちょっと親父ギャグっぽいものもあり

対象年齢は50代~みたいな設定かしらと思うようなところもあります。

息子に問題を出してみましたが

そういった類の問題の答えを聞いても

なんだかピンとこないというか

腑に落ちないような表情を見せてきたので

「あ、これは、まさにジェネレーションギャップだね」 と、笑ってしまいました。

大人のなぞなぞ

コンパクトで価格もお手ごろ

文庫本

文庫本は、コンパクトで価格もお手ごろ。

今は、雑誌もおまけ(おまけや付録といっても立派な鞄やポーチだったりして、おまけの域をこしてますよね)が豪華で、2000円近くするものも多いですよね。

その点、文庫本はいつでも持ち歩ける!

私は、それにお気に入りにのブックカバーをつけたり

かわいいしおりを挟んだりして

カフェでひとり「読書タイム」を楽しんでいます。

本屋さんへ行くと、まず文庫本コーナーに行き

敢えて、自分が普段あまり感心のないようなジャンルの中から

「おもしろいもの、ないかしら?」 と

探してみたりしています。

購入する際は、自分なりに吟味したつもりでも

いざ読み始めると、全くもって面白くないというか

読んでいて引き込まれない、ある意味退屈、読んでいくのが苦痛とまで

思うような本もあります。

そんな場合は、潔く読むのを止めます。

読むだけ、時間の無駄です。

せっかく買ったのにと、最後まで読もうと思う人が

ほとんどでしょうが

私はその本の値段だけでも損しているのに

さらに自分の大事な時間まで損したくありません。

その場合は、人にあげるか

リサイクルショップにもっていきます。

まあ、そこまで「はずれの本」は、何年に何回かしかないですけどね。

図書館のすばらしさ

2週間も借りることが出来る

文庫本

そんなときは、図書館のすばらしさを

再確認します。

最新の雑誌や新聞、CDまであります。

幸いなことに、自宅から比較的近くに

図書館があります。

決して大きくない施設ですが

月に何回か利用させてもらってます。

無料で2週間も借りることが出来て

予約が入っていない限り

更新すればさらに借り続けることができるって

ありがたいですよね!

 

 

 

 

 

おすすめの記事