注目記事☆

留学生とのお別れ

みんなで涙

高校2年生の娘のクラスに

10月1日から留学生が来ていました。

スリランカからきた17歳の女の子です。

娘の通っている学校は、グローバルな活動に力を入れていて

本人も中3から高2の間に

ニューヨーク、ニュージーランドと留学を経験しています。

何ヶ月もの間、日本を離れ、ホームステイ先にお世話になるのですが

留学経験のない私にとって、それはかなりハードルが高いものであり

到底真似できないです。

自分の娘に向けて言うのもなんですが

率直に、「すごいな」 と、思います。

 

一ヶ月滞在

そのスリランカから来ていたという留学生の女の子は

10月1日から11月2日まで一ヶ月間の滞在でした。

留学にしては、期間的にかなり短いです。

一ヶ月なんて、ちょうど慣れ始めたところです。

なのに、お別れです。あっという間。

その留学生の子は、あまり積極的な性格ではなかったそうで

クラスの子たちと、あまりコミニュケーションをとらなかったそうです。

でも、今日のお別れ会のときに

号泣したそうです。

クラスメイトたちは

「え?泣いてくれるんだ!」

「そんなことならば、もっとこっちから積極的に話しいかければよかったなあ」

と、後悔したそうです。

 

娘のクラスの交換留学生

 

まだ17歳

これもご縁

その話を聞いて、いろいろ考えさせられました。

一ヶ月間、何度もチャンスあったはず。

まあいいや、まあいいやで気がつくともう最終日。

留学生と再会することって、たぶんもうないだろうし

何かのご縁でうちの学校、しかも同じクラスにきたのにね。

もっと関わってほしかったなあ。

その子にとって、どんな留学生活になったのかな・・。

心から、この学校でよかったなと

思ってくれていたらいいけど・・・。

まだ17歳。

日本大好きといってたようなので

来日することはあるだろうから

再会できることを願ってます。

その時は、たくさんコミュニケーションとって、

挽回してほしいです。

 

ホストファミリー

本当にありがたい

うちの娘は留学した際は、

ホストファミリーに恵まれ、怪我病気ひとつなく

笑顔で帰ってきました。

本当にありがたいことだと思います。

まとめ

じゃあ私も、留学生を受け入れましょうといいたいところですが

英語は話せませんし、コミュ力も全く自信ありません。

うちにきたら、大はずれだったと思われそうで

怖くて、そして申し訳なくて受け入れは出来ないでいます。

そんな難しく考えないで大丈夫、ご飯作って、寝床用意してくれたらいいんですよと

勧められたこともありますが、

やっぱり無理でした。

なんとかなるさと思えるレベルではないんですよね・・・、ハードル高いです。

韓国人や中国人の子なら、

受け入れてみようかな。。。。なんて思いますが

留学生のほとんどが欧米の子が多いので

なかなか難しいです・・・勇気がない。

ひょんなことから、受け入れることになったら

その時は全力でおもてなししたいと思います!!

 

 

 

おすすめの記事